34WL750-B レビュー|高コスパの34インチウルトラワイドモニター

34WL750B_top device

ウルトラワイドモニターで高画質(QHD)検討している人がまず最初にみるモニターが、LGの34WL750-B

ここでは、UWQHDのなかで最高コスパといわれる当機の性能や使用感をレビューしていく。

6万円に見合う価値があるのか、じっくり判断していただきたい。

ぽんさん
ぽんさん

ざっくり言えば、ゲームには不向き、
仕事用なら一考の価値ありって感じです。

外観

full_view
front_view
front_view2
button_push_view
back_view
back_view_vga

前知識

解像度
画面上にあるピクセル(px)の数量。数が多いほど、画素数をきめこまかく表現できる。

CHECK

HD   : 1280×720
FHD  : 1920×1080
QHD  : 2560×1440(HDの4倍・FHDの約1.8倍)
WQHD : 2560×1440(Wide QHD)
UWQHD: 3440×1440(Ultra-Wide QHD)
4K   : 3840×2160(HDの9倍)
8K   : 7680×4620(HDの16倍)


「UWQHD」は、QHD(フルHDの1.8倍の情報量)を保ちつつ、横に増量したものになってる。

ウルトラワイドモニターのサイズは、24インチを横に約1.6倍したもの。

解像度がフルHDの1.8倍だから、単純な掛け算だけでいえば、24型フルHDモニターの「約2.9倍」の画像表示ができることになる。やばい。

仕様

UWQHDのモデルで最高コスパの一品であるのは事実。

しかし、価格を落としたぶん、プラスαの機能は削ぎ落とされているのがキズ。お値段以上ではなく、値段相応に感じなくもない。

項目説明
画面サイズ34インチ
パネル種類IPS
表面処理ノングレア
解像度3440×1440(WUQHD)
表示色約10.7億色
(sRGB99%以上、HDR100)
応答速度5ms
映像端子DisplayPort×1,HDMI×2
マウントVGSA対応
(100x100mm)
スタンドチルト・昇降機能付
製品サイズ25 x 83 x 42.9 cm
8.4 Kg

ちなみに、当「34WL750-B」はAmazon限定。一般販売用は「34WN750-B」となっている。

34WN750-Bの方が「スピーカー付、USB3.0端子付」ではあるが、表示色が1,677万色。34WL750-Bの方が高い。

短所

モニター選びをしていてわかったのは、いかに「ダメな部分」を把握しておくか。

せっかく高い買い物をするのだから、しっかりココを抑えてもらいたい。

  1. 価格が高い(フルHDに比べ)
  2. PBP/PIP(2入力同時出力機能)がない
  3. リフレッシュレートが最大60Hz
  4. Thunderbolt端子なし
  5. モニター内蔵スピーカーがない

価格が高い

24インチのフルHDモニター(解像度1920×1080)は安いものだと1.4万円ほど。

このモニターは、それよりワンランク上のQHD(解像度)6万円だと単純に4倍

高精細な画像をみる、ベゼルが嫌い、作業領域を広くしたいといった考えがなければ、素直にフルHDモニターを2枚買ったほうがいい

PBP/PIP機能がない

PBP(Picture By Picture)とは、例えばゲーム機とパソコンをそれぞれモニターにつないで、1つの画面で均等に表示させる機能。

ゲーム配信をするときに左でゲームをしつつ、右でコメントを確認できる。

PBPのイメージ画面
画像引用元:PCモニターでよく聞くPIPとPBP機能とは?
https://pc-kaizen.com/what-are-pip-and-pbp


対するPIP(Picture In Picture)では、片方のデバイスの表示を小窓にして常に前面に表示することができる。

PIPのイメージ画面
画像引用元:PCモニターでよく聞くPIPとPBP機能とは?
https://pc-kaizen.com/what-are-pip-and-pbp



この2つの機能、ウルトラワイドモニターなら必須だとおもうのだけど、この機種にはそれがない。

おどろくことに、有名どころのレビュワーは、なぜかそのことについて触れていないなんで?

あまりにもだれも書いてなかったから、てっきり標準搭載だと思ってたけど、ちがった。

どうやら知らなかったのは、自分だけだったらしい……。あたしって、ほんとバカ?

ちなみにこの機能が欲しい人はプラス5,000円で↓のAcerのWQHDモニターがある


リモートワークと副業を並行させるためにPBPを期待していた分、ショックが隠しきれなかった。

逆に言えば、この機能がなくても良いというのであれば、UWQHDの中で最高コスパだから、迷う必要もない。

リフレッシュレートが最大60Hz


ゲームをするうえで、リフレッシュレート60Hzというのは最低基準

ゲームをガチでやる人からすると、この数値は問題外。

あくまで仕事用として割り切る必要がある。

Thunderbolt端子なし

Thunderbolt端子があれば、最近のMacbookproでは充電と画面出力を1本のケーブルで対応できてしまう。

数年以内にMacbookproを買い換える予定という人はあった方が無難なので、このモニターは検討から外してもいいかもしれない。

モニター内蔵スピーカーがない

ミニマリストの方はスピーカーないのは大問題…かもしれない。

どうしてもスピーカーが必要という人は、場所を取らないサウンドバーがあるとオシャレ。

長所

ここまでこき下ろしてきたけど、いいところもちゃんとあるから安心してほしい。

  • デカイ! UWQHDすごい!
  • プライベートが快適
     ① ネット検索
     ② 映画鑑賞
  • 仕事の効率UP
     ① エクセル
     ② ブログ作業
     ③ 画像・動画・音声編集
     ④ ラジオ収録
  • リセールバリューが高い

デカイ! UWQHDすごい!

圧巻のデカさ。とにかく存在感がハンパない


パソコンとつなぐと、感動は次のステージへ。

画面は広くてキレイ。なにより、フルHDと比べこまかい文字がくっきりみえるのが最高

表示色は10.7億色。sRGB(一般的なデジカメ、モニタ、プリンタの色基準)を99%以上カバー。

ブロガーやYouTuberが画面越しの色味を確認する程度なら、正しい色にこだわる必要はない

本業が印刷業だから、ここにこだわっているヒトがいると、「写真に命かけてるんだな」と感心してしまうレベル。

俺はこのモニターで必要十分だった。

でかい壁紙を1枚絵で見れる感動には、代えがたいものがある。ただただ美しい
full_small_word
写真で見ると字が超小さいけど、全部普通に読める
small_word
右の文字が一番ちいさい部分を接写。文字がちゃんと読める

とはいえ、Macbook ProのRetinaディスプレイと比べると、Retinaの方がピクセル密度が高いため、きめ細かさはある。

「ものすごくキレイ!」と期待していると、肩透かしをくらうかも。

プライベートが快適

①ネット検索が快適

画質以外で言えば、やはり作業領域が広がる点が驚異的。

ブラウザを3つ開いてもすべて快適に見れるのは異次元の体験だった。気分はFXトレーダー。

商品やレビューを複数サイトで比較するときは便利

②映画鑑賞で没入

シネマスクリーンの画面比率である21:9で表示が可能。

32型テレビと比較しても、ダンゼン没入感がある。

これはウルトラワイドモニターにのみ許された贅沢。映画好きにはたまらない

21-9
32型テレビで見るときとくらべて、映画らしい味わいが出る

仕事効率がUP

①エクセルの列表示がすごい

全画面表示したときのエクセルの列表示がエグい。カラムが大量にあるデータを見るのに便利。

ブログやる人なら、エクセルで上位記事比較・分析するときにむちゃラクになるので、覚えておいて損はない。

画像だと文字が潰れてるけど、実際だと余裕で読める。この情報量を一気に処理できるのすこぶるイイ

②ブログの作業がラク

他サイトと比較する、アフィリエイトリンクを作成する、テキストエディタで下書きする、記事を書き込む。

本来3つ画面がほしいところでも、ウルトラワイドモニターなら1つの画面ですべてを実行できる。

blog_work
ブラウジング・Wordpress・記事下書き。ブログに必要な作業を全部集約できる 

③ 画像・動画・音声編集がラク

編集作業はこんな感じ。

picture_view
プレビューの状態でも、詳細が一目瞭然
picture_edit
風景写真の編集で大活躍(長崎の夜景)
garageband_edit
音楽・動画編集時にはシークエンスが長く見れるから、こまかいカットと移動がラク

④ラジオ収録が大幅時短

実際のラジオ作業画面。24インチモニターだと作業がキツかったけど、今はごらんの通り、快適だ

ウルトラワイドモニターにして一番恩恵があったのは、実はラジオ収録だったりする。

原稿読みつつ、GarageBandを操作し、サムネイルとリード文も……。

おかげで作業が本当にラクになった

⑤高コスパ&高リセールバリュー

UWQHDで6万円を切るのはこのモデルだけ。

コスパのよさはピカイチなので、

✅  仕事用として使いたい
✅  PBP/PIP機能を使わない
✅  Thunderbolt端子は不要


この条件がそろうのであれば、満足できるはず。

また、リセールバリューが高い点も、購入を後押ししてくれる。

メルカリで調べたら、-5,000〜10,000円で売却可能。(2021/4/11現在)

今はリモートワークの需要で当分は高値が予想できるから、Amazonの返品(50%返金)に比べれば、傷は浅くて済む

美品なら50,000円でも十分売れる

他ブログのレビュー

https://watchmono.com/e/lg-34wl750-b-review-check
 ヲチモノさん 概要がつかみやすい

https://www.omg-ox.org/34wl750b
 OMGさん モニターアームとの併用をプッシュ。これには同意

https://usshi-na-life.com/2019/11/07/lg-34wl750-b-review/
 うっしーならいふさん 解説が一番しっかりしてる。文量はやや多め

https://celvie.info/lg-34wl750-b-review/
 ぺんぎんくんさん 写真がきれいで読みやすい

どれも読みやすいし、詳しい。正直、自分が記事を書くか迷った。

でも、どれも「PBP/PIPがない」ことを書いておらず、これはマズイなと直感。

このままでは、自分みたいに「やっちまった!」と思う人が出てしまう。

そう思って、他の方が失敗しないようにと記事を書くことにした。

買おうか迷っている人は、デメリットはもちろん、余裕があれば上記のサイトも参考にしつつ、決断してほしい。


34WL750-B まとめ

「買いですか?」と聞かれたら、

万人にはオススメできないけど、条件が合えば満足できる」と答えるだろう。

とはいえ、ウルトラワイドモニターをデスクに置いた時の感動は、買った人にしかわからないエモさがある。

じっくり考え、デメリットを踏まえたうえで決断したなら、きっと後悔しない

【買ってもいい人】

 ✅ 仕事用にウルトラワイドモニタがほしい
 ✅ 格安のUWQHDのモニターを検討している
 ✅ Thunderbolt端子が不要(デスクトップPC用で検討してる人)

【買うと損する可能性がある人】

 ❌ PBP/PIPが必須
 ❌ 画質にこだわらない(格安で2つモニター揃えるほうが吉)
 ❌ ゲーム配信を考えてる

LINEで送る
Pocket

device
スポンサーリンク
sakusenc.com

Comment

タイトルとURLをコピーしました