【便利】隣の穴をふさがない【12個口電源タップ】

tap12 device

ゲーム、PC、モニター、USB充電など。増え続けるデスク周りのプラグたち。

「助けてアンソニー、いくらタコ足配線しても足りないの!」

わかるよジェニファー、その気持ち。俺も大量に三股プラグ持ってるからさ。

え、三股って言葉が引っかかるって? なんだい藪から棒に。僕が愛しているのは君だけだよ、ステファ…(ry


というわけで、今回はいくつもの電源タップを乗り換えてきた私が、「これだ!」と思える逸材を見つけたので紹介したい。

ぽんさん
ぽんさん

このタップはまじでオススメ

可動式電源タップ


平型で3列✕4口=12口。きれいな顔してるだろ? いっぱい刺さるんだぜ、これ。 

ビックカメラ.comで3,201円だった。こいつを選んだときの基準はこんな感じ。

【基準】

① 個口数が多い(最低10個口以上)

② 雷サージ保護がある

③ プラグの間隔に余裕がある

④ 3,000円台で買える

⑤ タワー型タップではない

⑥ 節電スイッチの有無

使ってみた感想

最大の利点は、平型で、差込口を自由に回転できること。

tap2

「ボクを使って?」と言わんばかりの表情。うーん、じつに愛らしい。

写真の通り、差込口が回転するおかげで、かさばるACアダプタを片側に4個連続して挿せる。これは他の電源タップにはない唯一性。

MacとかスピーカーとかルーターででっかいACアダプタがあるでしょ?

あれ、壁づりのタップで挿したらずり落ちるし、連続してさせないから不便だけど、コイツにはそれがない。感動。

実際の使用イメージはこんな感じ。

実際に使用した写真。100均で買ったA4のダンボールボックスに入れてる

①・②・④がデカイACアダプタ。隣との間隔も案外ゆとりがあった。

ちなみにセンターの両端をミニタップにすれば12+2+2で16個口使用可能

写真のように、100均で売ってるA4サイズの収納ボックスに入れれば、ホコリをかぶらせずに使える。外見もスッキリするので一石二鳥。

たこ足配線が煩わしくて悩んでいるなら、検討してみてはいかが?




【おまけ】節電スイッチは不要?【待機電力問題】

結論から言えば、節電スイッチは不要

理由は、デスク周りの電源を切ったところで、節電量はたかが知れているから

以下デスク周り節電について書いてみたので参考にしてほしい。

【1時間あたりの待機電力量(デスク周り)】
 
 合計:24W

 ※OFFにできるのは10Wだけ(デスク周りは常時ONがほとんど)

  • 4W:スピーカー
  • 1.5W:テレビ
  • 1.5W:プリンタ
  • 1W:Nintendo Switch
  • 1W:ノートPC
  • 1W:PCモニター

1か月の消費電力を100kwhと仮定した場合の電力量料金(19.88円/kwh)で計算すると 

【1か月分の待機電力料金(デスク周り)】

 19.88円 × 0.024kwh × 24時間 × 31日 = 355円
 
 ※ 年換算で4,200円程度

年間で考えるとか月分の電気料金になる。これだけみたら、節電スイッチは必要かな?と思ってしまう。

でも、実際に節電をシミュレーションしてみると、意外と節約できないのが分かる。年間で節約できる電気料金はこの通り。

【年間で節約できる待機電力料金(デスク周り)】

節約できるW数を10Wで考えると

・睡眠中(6時間)の節電 … 444円
・仕事中(9時間)の節電 … 666円

【結果】

 年間で節約できる待機電力の料金… 1,110円


節約できても、マンガ2冊分。それだけのために毎日神経質になるくらいなら、節電スイッチいらなくね?と思うはず。

個人の好みによるけど、俺はズボラだから微妙かなー。

LINEで送る
Pocket

Comment

タイトルとURLをコピーしました