明日ちゃんのセーラー服 感想

anime

結論から言いたい。ここで伝えたいことはただひとつ。

どうか全ての「偏見」を横に置いて、このアニメを見てほしい、ということだ。


本作の要素やクオリティについてここでは書かない。

一つ一つ挙げていたらキリが無いし、そんなの冒頭の10秒を見ればわかるから。

明らかに、凡庸なアニメとは一線を画している。とにかく豪華なんだ。


でも、単にクオリティが高いだけじゃ、感想なんか書いたりしない。

なぜ、感想を書こうと思ったか。

それは、この作品が、”青春”と”日常”に対してひとつの”回答”を与えてくれたからだ。

みんなが求めていた”日常”って何さ?

これまでどれほど極上の日常アニメを消費してきただろうか。


京アニの「日常」や「小林さんちのメイドラゴン」

動画工房の「NEW GAME!」

P.A.WORKSの「SHIROBAKO」

C-Stationの「ゆるキャン▲」


今や当たり前となった日常モノ。

ゆるやかな日常で感じる笑いと癒やし、成長していくキャラたちに目頭を熱くする。

日常の姿をした”非日常”。そこに俺たちは心を動かし、感情をこれでもかと燃やしてきた。


この「明日ちゃんのセーラー服」もご他聞にもれず、ごくオーソドックスな展開をしていく。

入学式。初めての友達。机を合わせて食べる給食。緊張する友達の部屋。部活の体験。友達とのデートや買い物。そして体育祭。

凝った設定はない。強いて言えば、その学校にセーラー服を着ているのが、主人公・明日小路(あけびこみち)だけという点だ。

明らかにクラスで浮く存在である明日ちゃん。


しかし、どこまでも純粋で天真爛漫な彼女に、クラスメイトたちはどうしようもなく惹かれ、彼女と過ごす青春に仕合せを見出していく。

そんな彼女たちの日常を”覗き見”のように眺めていくなかで、ある思いがよぎる。


「あれ、日常ってこんなに綺麗なものだったけ?」と。


この作品が描こうとしている日常、それは「刹那」だ。

特別なことは起きない。全てが誰にでも経験がある、なんてことのない青春の一コマ。

そのどうでもいい一瞬を、この作品は異様なまでに丁寧に、愛を込めて描いている。

青春の一瞬がいかに大切で、どれほど生命力に溢れているものか。

それを作品として表現した日常アニメが、これまでいくつあっただろう。


日常の一瞬を徹底して切り抜き、どうしようもないくらいに愛でる。

みんなが見たかった「日常」を、この作品は惜しげもなく展開していく。

青春は「はじまりのセツナ」で彩られている

OP曲のサビの歌詞。

時間が止まれば 良いのになって思うよ

まだ何も知らない同士なのに

どうしてなの? もう君のことが好き

はじまりのセツナ

「はじまりのセツナ」 作詞:杉山勝彦 から引用 

「はじまりのセツナ」と聞いていても、最初は意味が分からなかった。

でも、今ならなんとか言葉にできる気がする。


はじまりのセツナ。それは時めくの瞬間だ。

青春では、人生の”はじめて”が怒涛のように訪れる。

それ同時に失敗や成功を経験することで、心は揺れ動く。

はじまりの”刹那さ”と、一度過ぎたら二度と戻れない”切なさ”。

この”セツナ”があるからこそ、青春は輝き、どうしようもないくらいに胸を焼き焦がすのだ。


離れたくない。失いたくない。忘れたくない。

だから少女は涙を流す。小さな手を胸に当て、ギュッと握りしめながら。

今という瞬間に感じた想いを、胸の中に大切にしまい込むために。

真っ直ぐな少女がもたらすのは”希望”

正直で純粋で、疑うことを知らない明日ちゃん。

過去や未来にとらわれず、危うくも今を懸命に生きる彼女に、取り巻く女の子たちは忘れていた“今の自分”を取り戻していく。

その様子が、まるで自分を見ているかのようで、涙が出てしまった。


大人に近づくにつれ、過去のトラウマに足もとをすくわれ、未来に不安を抱くようになる。

すると、次第に挑戦から遠ざかり、同じところをウロウロしてしまう。


失敗が怖い。迷惑をかけるのが怖い。人から嫌われるのが怖い。

コワイ…コワイ…コワイ。

そうして心が薄暗い靄に包まれると、人は殻に閉じこもるように、心を閉ざす。

しかし、だれもそんな暗い未来を望んでいない。だれだって、前を向きたいのだ。


なぜ人は日常を、青春を、アニメに求めるのだろう?


それは、希望を持ちたいと願ってしまうからではないだろうか。


どれだけ現実が絶望的であっても、幸せになりたい。

どれだけ才能がなくっても、憧れに手を伸ばしたい。

もっと自分を肯定して、人生を笑って謳歌したい。

ひとは、希望を持たずには生きられないのだ。


現実は不満だらけだ。

俺だって、このレビュー書いてて、むちゃくちゃ悔しい。

なにせ、もっとうまく書ける人なんて、いくらでもいるからだ。

そんなことを考えると、こんな感想書いて何の意味があるんだって、自分に石を投げたくなる。


それでも。

この心に沸き上がった想いをどうにかして形にしたい。

自分が感じた感動の熱量や作品の凄さを、100分の1でもいいから誰かに伝えたい。

カッコ悪いとかヘタクソとか、才能ないとか言われても知らん!

誰に何て言われようと、俺は、俺が言いたいことを言う!

自分の本音を、簡単に曲げてたまるものか!!


こんなふうに思えるのも、きっと明日ちゃんのおかげ。

明日ちゃんによって”今の自分”を取り戻せるのは、クラスメイトたちだけではない。

もちろん、見ている俺たちも、明日ちゃんに希望を、勇気をもらえるのだ。


そんな素晴らしい作品を、フェチだとか変態だとかフェミさんの餌食とか、外っ面だけで判断してほしくない。


もう一度言おう。


この作品は、全ての偏見を横に置いて見るべき青春日常アニメである、と。


ちなみに時間がないのなら、7話「聴かせてください」だけでも見てほしい。

「真剣」であるということが、どれほど人の心を動かすのかを、再確認できるから。

LINEで送る
Pocket

Comment

タイトルとURLをコピーしました