ガリガリが筋トレを1ヶ月継続した結果

life

・1ヶ月筋トレすると、筋肉は引き締まるが、さほど大きくはならない
・肉体の変化より、メンタル面の変化がすごい
・きっかけは不純でいい
・継続のコツはプロテイン選びと日々の記録
・夢をつかむために、筋トレは必須!

先に言っておくと、筋肉は結構引き締まる。でも、残念ながら体格はほとんど変わない。

「痩せ型 筋トレ 1ヶ月」で検索してもマッチョな写真がないように、

1ヶ月程度じゃやっぱり大きく変化はない。やってみて分かった。


でも、ここでページを閉じるのは待ってほしい、いや、待ってください。

たしかに外見に大した変化はなかったよ。

でも、筋トレを1ヶ月継続したことで、むちゃくちゃ自分に変革があったんだ。

これは嘘じゃない。


ここでは筋トレで得たこと、はじめたきっかけと継続する方法を書いていく。

痩せ型で体にコンプレックスを持っている同志へ。

あなたの悩みに少しでも光が射しますように。

筋トレが与えてくれるのは、「成長している」という実感

筋トレで手に入るもの

筋トレを継続した結果、次の3つが手に入る。

  • 毎日筋トレを継続するという習慣
  • 少しずつ筋肉が成長していく高揚感
  • やってみたら意外となんとかなるという根拠のない自信


これまでの日常では手に入らなかったこれらが、たった1ヶ月程度で感じられるようになった。

停滞した日常に、成長は訪れない

俺は、筋トレをすることで、成長を毎日実感している。



ダンベルカールで上腕二頭筋をイジめ、

パンパンになった腕をさすり、鏡を見る。

回数が書き込んだ手帳を眺めつつ、

日々成長する腕を撫でる。


マジでキモいよな、吐き気がするよな。ごめんよ、みんな。

でも、実際そうなんだ。俺、筋トレはじめて自分の腕フェチに、いや、変態になっちゃったんだよ。

変態なのは前からだけど。


いや、言いたいのはそんなことじゃない。

みんなに伝えたいのは、筋トレは退屈な日々に成長という喜びをくれる、ということなんだ。

自己啓発だけでは、何も変わらない

職場と家の往復。趣味はゲームとアニメ。

そんな生活をしていて、成長を感じるわけがない。

かくいう俺も、1年間ウマ娘とアニメだけの生活を続けていた。

こんな生活、良いわけないに決まっている。


「何かを変えなければ」

「行動を起こさねば」


無性に焦る。けれど、体と心が動いてくれない。

何をしたらいいのか分からない。

そもそも、どうしたら自分が変わるのか、見当もつかないのだ。


もちろん、読書やらビジネス系Youtuberやらで意識改革をしようとした。

しかし、自分に明確な変化をもたらすものは何一つなかった。

そんなとき、不意に筋トレを始め、成長を実感した。


そこで気づいた。

「自己啓発に触れただけだと、結局何も変わらない」ということに。

そして、筋トレをすれば意識が変わってくることに。

筋トレをするきっかけ

シンプルかつ強烈なきっかけは「女の子」

俺の場合の「きっかけ」は、一言でいえば「気になる女の子」だ。

あなたにもないだろうか。


学校で隣の女の子を妙に意識して、やる気になったことが。

試合のとき、好きな女の子が応援に来てくれて、アドレナリンが出たことが。

残業でモニターとにらめっこしている女の子を見て、萌えキュンしたことが!


男は単純なもので、女の子をちょっとでも意識し始めると、雄としての意識が目覚め始める。

そしてそのちょっとした意識が、俺の場合は「きっかけ」として作用してくれる。

そうなればあとは簡単。

目の前に「にんじん」をぶら下げられたオグリのように、体が勝手に動くようになる。

自分にとっての「にんじん」を見つけ出す難しさ

「そもそも出会いがない」

「好きな子が周りにいない」

「そんな子がいたら、お前に言われなくても筋トレしてる」


そう思うあなたの気持ちはむちゃくちゃ分かる。

俺も大学で失恋して鬱になってから、10年以上そんな悩みをこじらせていたから。

気になる子なんて、簡単にできたら苦労しないのだ。


筋トレするよりこっちの方が圧倒的に難しい。

相手の存在は自分ではどうすることもできないのだから。

二兎を追え

身も蓋もないかもしれないけど、これについては自分ができそうな方法で探すしかない。

職場、行きつけの店、友人の紹介、街コン、マッチングアプリ、婚活、ナンパ……。

方法は何でもいい。


でも一つ意識してほしいのは、本命が見つかるまでは「一人に絞らない」ということ。

不誠実に聞こえるけれど、実はこれ、女性にとっては当たり前なんだ。



言わずもがな、女性よりも男性の方が数が多い。

女性は常に男性を選ぶ側の立場であり、必然的に複数の男をキープしようとする。

つまり男性側は、最初からアンフェアな戦いを強いられている、というわけ。


目には目を、歯には歯を。

俺たちだって、最初から相手を一人に絞る必要なんて、どこにもない。

気に入った人ができ、特別な関係になるまでは、こっちだって候補を立てていい。


無駄に罪悪感や倫理観を持てば、損をするのは自分だ。

未来の可能性を自分で摘むことはない。

筋トレをする理由

女の子は本能的に、強い男に惹かれる生き物

さて、筋トレという本題に戻ろう。

なぜ女性と筋トレが関係するのか。

女の子は本能的に、ガタイがいい男を好きになる。

昔、ある女性芸能人が「ダヴィデ像にむしゃぶりつきたい」と言っていたのが妙に記憶に残っているけど、筋肉に女性は目がないらしい。


俺たちだってそうだろ? おっぱいでかくて、若い女の子がいたら目で追っちゃうだろ?

つまり、そういうこと。悲しいけどこれ、真理なのよね。

ようするに、男の筋肉は女のおっぱいと同義! というわけだ。


女性のおっぱいは簡単に大きくならない(叶姉妹は別だ)。

反対に、男の筋肉は鍛えて大きくできる。

つまり、筋トレを続けさえすれば、女性を魅了できることが約束されているのだ。

こんなに良い投資先が他にあるだろうか。

体質はメリットとデメリットを持っている

そうは言うものの、持って生まれた体質の理不尽はどうしようもない。

痩せ型の俺たちからしたら、不利な戦いを強いられている。

食べても太らない代わりに、いくら筋トレしてもなかなか付かないのだから。

効果が実感しづらいと、モチベーションが全然上がらず、苦労するだろう。


そんな俺らからしたら、生まれつき体格のいい人、肉が付きやすい人はチートでしかない。

しかし、彼らも彼らで悩みがある。肉が付きやすい文、運動しないとすぐ太ってしまうのだ。

社会人は必然的に運動不足になる。中年太りに悩む人の方が多数派と言えよう。


どんな体質にも必ず、良い面と悪い面がある。

ここで言えるのは、「変えられないものを悩むだけ無駄」ということ。

無理して食えとか言われるけど、俺は無理が嫌いだからやらない。だって続かないから。


コツコツコツコツ、筋トレしてはプロテインを飲み、普通に3食食べる。

そうした先に、食欲が湧いてきたり、プロテインを飲む量を増やしたりと、変化するときがくるはずだ。

あせらずに、機をじっくり待つしかない。それが俺らの正義であり、正攻法だ。


そんな俺らが理想の体格に近づいたときのことを想像してみてほしい。

きっとどんな逆境でもはねのける、とんでもない自信に満ち溢れていると思わないか。

筋トレを継続するためのコツと道具

① 安くておいしいプロテインを買う

プロテインの悩みは「値段」と「味」の2つ。

選ぶなら「マイプロテイン」一択だ。


頻繁にセールしてるし、初回なら「NEW40」というコードで驚愕の40%オフで買える。

これなら、2.5kgのホエイプロテインも、10,990円 → 6,600円となる。

有名なザバスだと同じ量で8,800円だから、コスパの良さは歴然。


しかもマイプロテインの方が味の種類めっちゃあるから、選び放題。

ちなみに俺は、マイプロテイン愛用者から「ストロベリークリームが一番おいしい」と聞いて購入。

風味としては「マックシェイクのいちごを飲んでいる」に近い。おやつ感覚でイケる。

プロテインを飲むための工夫

毎日飲むものだから、いかに早く、いかに簡単に飲めるかが重要。

まずシェイカー。マイプロテインのも試したけど、ザバスが一番いい。洗いやすく、振りやすい。

ちなみに撹拌用の金属製のボールもあるけど、洗うの面倒くさいし、意味ないので不要。

次に保存容器。袋のままという人は多いけど、容器を使ってみると、断然こっちの方がいい。

オススメは、それなりの容量が入って、ワンタッチで開けられるスマートなやつ。

ちなみに入れるとこんな感じ。

軽量スプーンはプロテインの中で自立するので不衛生とは思わない。左はストロベリークリーム

あと、プロテインは湿気でダマになるので、珪藻土を入れておくと湿気対策になる。


これ入れるだけで湿気が吸われて、部屋に置いてても粉がサラサラをキープしてくれるからオススメ。

③ 手帳に回数を書き込む

手帳に結果を書く。

実はこれ、何かを継続するときに最も有効な手段だと思う。

手帳を開くだけでテンション上がるし、過去の自分の努力が見れてやる気が出る。

最悪、コツはこれだけと言ってもいい。シンプルイズザベスト。

レスト中に書き込む。ライバルは昨日の自分。毎日埋まるのが楽しい。

④ レベルに応じた道具を買う

俺が持ってるのは肉厚のフロアマットとダンベル10kg×2。

ダンベルはあったほうがいい。持つだけでテンション上がる。

重量は最初5kgからはじめ、7kg、9kg、10kgと上げていった。

最初は1本あれば十分。1ヶ月続いたらもう1本買うといい。効率が上がるので。


マットは腹筋・背筋用。ケツの骨と胸の剣状突起が痛いので購入。

ヨガマットは薄すぎてダメ。厚手のジョイントマットが正解だった。

ちなみに色はグレーだと主張がなくて使いやすい。

まとめ

筋トレは夢の礎

俺にも夢がある。

好きな女の子と結婚するときに、お姫様だっこで最高の演出をしてあげることだ。


キモいだろ? 馬鹿だろ?

でも、昔から調子に乗ってこういう妄想しちゃうから仕方ない。


細身の俺が、サクッとドレス姿の彼女を持ち上げたら、周りは驚き、シャッターの雨あられとなるだろう。

古くからの知り合いは、俺がガリガリなことを知っているので、

「マジかよ、超ウケるんだけど」と爆笑するに違いない。


人を出し抜く。これほど快感を覚えることはない。

その一瞬の夢ために、俺は筋トレを続けたい。

まあ、彼女いないんだけどな。

LINEで送る
Pocket

Comment

タイトルとURLをコピーしました